« 2012年02月 | メイン | 2013年07月 »

2012年08月 アーカイブ

2012年08月01日

シニフィアン研究所・新サイト ~不登校の母より~

こんにちわ。セラピールーム燦燦です。
MP900426490.JPG

迎意愛氏のシニフィアン研究所(埼玉県上尾市)
新しく『不登校の子供の母より』というサイトが開設されました。

新サイトより抜粋

~まず、出会った当時のMさん(40代)は、うつ状態で、子どもさんも不登園
がちでした。精神分析を通して、不登校」をするようになります。そして、Mさ
んはそのような娘さんを受け容れることができず、苦しんでいました。これか
ら紹介する手紙では、Mさんが精神分析を通して、娘さんの「不登校」をどの
ようにして受け容れられるようになっていったのか、また、自身のうつとどの
ようにバランスをとりながら、娘さんに向き合ったのかが記されています。
現在、同じように「不登校」「引きこもり」などで悩んでいる方もたくさんいらっ
しゃると思います。そのような方々に、是非この手紙を紹介させていただき
たいと考えました。このことをMさん母娘に伝えたところ、快諾いただきまし
たので、ご紹介いたします。~

子どもとは?母とは?
子どもと私との相関~社会との関わり
不登校について思うこと
等価の視点~視点の偏り(偏見)
偏見から来るもの~帰属感と疎外感
わかってほしいのに、わかってくれない
等の内容となっております。

お子さんの『不登園』『不登校』に心を悩ませている親御さんも多いことと
思います。是非お読みいただきお役立ていただきたいと思います。

2012年08月02日

“いじめ”について思う事!

こんにちわ。セラピールーム燦燦です。

MP900305918.JPG

はじめに『いじめ』により尊い命を失われた方々のご冥福をお祈り申し上げま

す。そして、そのご親族、関係各位の皆様のご心痛をお察し申し上げます。


このところ『いじめ』についての報道があります。

私自身も小学校、高校時代に“いじめ”にあっておりました。
容貌のこと、えこひいきされているとの誤解からとか理由はいろいろです。
社会人になってもそれはありました。パワーハラスメントです。
過激な言葉を浴びせられたり、辛い行為をされるとやはり生きていく心が萎えて
しまいます。学校の先生や親に言えない、辛さを言葉で出せない、悶悶と悩み
結局、身体を病ませてしまいました。

精神分析に出会って自分を知っていくうちに、いじめにあわなければならない自
分の自我の脆弱さに気づきました。ターゲットになりやすい自分の発見です。少
しずつコンプレックスを解消し、自分が変わることで“いじめ”られる状況から離
れることができました。

人が育つにはそれぞれの家庭環境があります。社会の最小単位が家庭です。
家庭の中で父に母に愛されている、そして自分の命が尊いと思える、また自己
肯定感が培えていたなら、他者を尊重することができ、人も自分も大切にでき
ます。
家族の中で親子、兄弟姉妹、嫁舅・姑それぞれの関係において、ほどほどの関
心を持ち、互いに信頼しあえているかなど、一度、目を、心を、向けてみてはい
かがでしょうか。
いじめだけではなく何等かの変化は、関心を向けていれば必ずサインに気づき
ます。
いじめによる自殺も低年齢化しています。
これ以上、尊い命・心が失われませんように!!

セラピールーム燦燦では、やさしい心理学講座
開催しております。
詳しくは、上記でご覧ください。 ↑

About 2012年08月

2012年08月にブログ「照示顕子のセラピー日記(セラピールーム燦燦)」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年02月です。

次のアーカイブは2013年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34